衛生管理業務

HOME > 衛生管理業務

衛星管理業務では、室内の空気環境をはじめ、給排水、害虫の防除や廃棄物の管理などのために定期的な点検や測定を行い、安全で快適な環境を提供し、オーナー様の資産価値を高めるよう努めます。

建築物環境衛生管理技術者

※建物の面積3000u以上(学校については8000u以上)の特定建築物において「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」に基づき、建築物環境衛生管理技術者の選任義務があります。

建築物環境衛生管理技術者

受水槽清掃

貯水槽(受水槽)・高架水槽を使用した、ビル・マンション・アパートなどの施設は衛生管理が不十分の場合、水が汚染される恐れがあります。
定期的な清掃作業や衛生管理を怠ると、安全で快適な水を供給できなくなります。
安全な水道水の確保には、定期的な清掃消毒作業や、適正な衛生管理が必要です。
貯水槽清掃は1年に1回定期的に実施し、清潔に保つことが義務付けられています。

水質検査

建築物衛生法により、受水槽の有効容量が10m3を超えるものについては、貯水槽の清掃を年1回、水質検査を年3回実施することが義務付けられています。
当社では採水から検査まで迅速に行い、信頼のある水質検査結果をお約束します。

空気環境測定

建築物における衛生的環境の確保に関する法律により延床面積が3,000u以上(学校は8,000u以上)の建築物は、2ヶ月に1回空気環境測定業務を実施することと定められています。
最新の全自動測定器を使用し、スピーデイーで正確な空気環境測定を行います。

害虫防除

ビル管理法に基づき建物内における害虫、ねずみなど害虫・害獣発生状況の確認と発生時の防除作業をします。

建築設備

空調設備運転保守業務から給排水設備の管理業務、設備機器の営繕業務まで、設備機能を維持管理いたします。また、機械警備の24時間監視業務を行います。

衛生管理業務の依頼実績を見る